中古マンションを学びましょう!

中古マンションの消費税について

中古マンションの消費税について 中古マンションを購入する時、土地は非課税なので気にする必要はないですが、建物のほうには消費税がかかることがあります。
土地は消費するものではないのに対して、建物は消耗品だからです。
建物についても、売主がマイホームとして利用をしていた中古マンションならば、非課税となります。
売主が業者である場合には、課税対象となります。
売主が個人である場合でも、マンション経営をしていた場合には個人事業主であるとみなされて、課税対象になってしまうことには注意が必要です。
新築マンションの場合なら、売主は基本的に業者となっているので、8%の消費税がかかります。
土地の部分が1000万円、建物部分が3000万円ならば、土地はそのまま1000万円ですが、建物部分は税込み価格で3240万円となってしまいますので、それなりに大きな負担となります。
中古マンションの場合には、売主が個人であり、マイホームとして利用をしていたというケースが多いので、8%の税がかからないことが1つのメリットです。
ただし、中古マンションの場合には不動産会社が仲介していて仲介手数料がかかるケースが多いですが、仲介手数料に対しては消費税がかかることには注意が必要です。

中古マンションの消費税についての疑問

中古マンションの消費税についての疑問 住宅の購入を検討された方や既に購入された方など、中古住宅を購入すれば消費税はかからずお得に購入できるというような話を聞いたことがあるかもしれません。
これには多少の疑問を抱く方もいりことと考えますが、しかし、これはケースバイケースです。
売主が誰かによります。
中古マンションは一個人が居住用として持っているケースが一般的ですが、中には不動産会社が所有しており、売主が不動産会社というケースがあります。
この場合消費税が課せられることになります。
消費税は現状8%の為売買価格が高額になるほど税金の額も上がることになります。
これを知っているかどうかでいらない費用を支払わなくて良いケースも考えられるので頭に入れておきましょう。
尚、売主が不動産会社のケースの取引については、相手はプロですので価格についても多少高めに設定しているケースが多いです。
よってできることならば避けるべきと言えますが、場所や間取りなどその物件しかない魅力というのが中古マンションにはありますので、その際は仲介に入ってくれる会社と連携をとり、良く相談しながら、必要であれば指値をし適正価格で契約するぐらいの意気込みで取引に臨むようにしましょう。

中古マンション関連サイト

鎌倉周辺の中古マンション情報が満載です。

鎌倉の中古マンションを探す