中古マンションを学びましょう!

中古マンションの購入は築年数10年が一つの目安

中古マンションの購入は築年数10年が一つの目安 中古マンションの購入は築年数10年が一つの目安となることがありますが、なるべく良質な物件を選ぶために、経験豊かなスタッフと積極的にコンタクトを取ることがおすすめです。
最近では、利便性の高い物件の魅力について注目をしている人が少なくありませんが、中古マンションを探す際の目安を確認することで、いつでも安心して対処をすることができます。
また、人気のある物件の共通点に関しては、一般の消費者が冷静に判断をすることが難しいケースがあるとされ、空き時間を使いながら、大手の業者の扱っている物件のメリットやデメリットを比較することが良いでしょう。
その他、中古マンションの購入価格や築年数の新しさについては、様々な住宅情報誌などで大々的に特集が組まれることがあるため、忙しい生活を送っている人であっても、自宅に居ながら理想的な物件の見分け方をマスターすることが可能となります。
そして、いくつかの物件の見学会に足を運ぶことも有効です。

中古マンションは固定資産税が安くてお得

中古マンションは固定資産税が安くてお得 土地や建物などの不動産を所有すれば、固定資産税の負担が求められます。
当然ですが、一戸建てやマンション購入をすれば、主有する不動産に応じた固定資産税が掛かってきます。
一戸建てに比べてマンションの固定資産税は土地を共有している分低いです。
固定資産税の評価額は土地に関しては地価公定価格の70%程度で計算されますが、建物は経年劣化が進むため、築年数に応じて評価額が下がります。
地方により異なりますが経年原価補正率表により、建築時の評価額に対して、補正率を掛けて標準税率0.014(1.4%)を掛けて算出します。
中古マンション購入の場合、すでに何年か経過しているため、固定資産評価額が建物の分、お得になります。
中古マンションのメリットは購入価格が安く、不動産取得税、消費税、売買手数料など様々な費用がお得となります。
購入後にリフォームを行っても建物の築年数で計算されるので固定資産税が高くなることは無く、引き続き経年で低くなるため新築に比べて節税が可能です。